<% article.createstamp | date_format("%Y 年%m 月%d 日") %>

『のだめカンタービレ』各話視聴率・動画・キャスト・主題歌

『のだめカンタービレ』



原作 二ノ宮知子作の漫画
『のだめカンタービレ』
(講談社の女性漫画誌「Kiss」で2001年から連載中)

2006年10月16日〜12月25日
毎週月曜日の21:00〜21:54に、フジテレビ系列で放送
初回と最終回は15分拡大の22:09までの放送。
全11回。

●放送日・視聴率・サブタイトル・動画

Lesson 1 2006年10月16日 18.2%
「変態ピアニストVS俺様指揮者のラプソディ」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 2 2006年10月23日 16.1%(最低視聴率)
「落ちこぼれ変態オケ! 波乱のスタート!?」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 3 2006年10月30日 18.4%
「弱小オケ大ピンチ!! 愛は貧乏を救えるか」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 4 2006年11月6日 18.3%
「キス成るか!? 感動の定期演奏会バトル!!」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 5 2006年11月13日 19.9%
「さよなら巨匠! 恋の学園祭オケ対決!!」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 6 2006年11月20日 17.5%
「さらばSオケ!! 涙の解散式&愛の2台ピアノ」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 7 2006年11月27日 19.4%
「新オケ始動! すれ違う恋に波乱の予感!?」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 8 2006年12月4日 19.2%
「新星オケ初陣! トラウマ克服に揺れる恋」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 9 2006年12月11日 19.3%
「コンクールVS留学! 決断は別れの予感!?」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Lesson 10 2006年12月18日 18.7%
「波乱のコンクール! 告白と涙の最終章!!」

Veoh動画 1/2 2/2 fullver. パンドラTV

Last Lesson 2006年12月25日 21.7%(最高視聴率)
「さよならのだめ!! 涙のクリスマス公演」

Veoh動画 1/3 2/3 3/3fullver. パンドラTV

※平均視聴率18.8%、最高瞬間視聴率24.0%

2008年1月放送のスペシャルはこちら♪

パンドラTVはつながりにくい状況が続いています。
ダウンロードして見るとスムーズに見られるようになるようです。
詳しくはパンドラTV動画のダウンロード方法で。
Veoh動画は30分以上の動画はVeohTVというソフトをインストールする必要があります。
詳しくはVeoh動画のダウンロード&30分以上の動画の再生方法
をご覧ください。
リンク切れありましたらコメント残して下さい。

●キャスト登場人物

野田 恵(のだ めぐみ):上野樹里 / 森迫永依(幼少時代)
桃ヶ丘音大ピアノ科の3年生。愛称はのだめ。皆から「変態」と形容される型破りなヒロイン。千秋に恋をする。

千秋 真一(ちあき しんいち):玉木宏 / 藤田玲央(幼少時代)
のだめが恋するこのドラマのもう一人の主人公。劇中のモノローグは彼のもの。のだめの音楽的な才能にいち早く気づく。初めはのだめのことを罵倒していたが・・・。

峰 龍太郎(みね りゅうたろう):瑛太
ヴァイオリン科に在籍する自称「千秋の親友」。エレキヴァイオリンをロック風に弾いて悦に入る、のだめに匹敵する自己陶酔型。

三木 清良(みき きよら):水川あさみ
ヴァイオリン科在籍。ドラマ版で原作と設定が大きく変わっている登場人物で、第1話から登場。ウイーン帰りであり、Aオケのコンミス(コンサートミストレス)をする優秀な学生。

奥山 真澄(おくやま ますみ):小出恵介
体は男だが心は乙女なティンパニ奏者であり、千秋に片思いしているのだめの恋敵。アフロヘアとヒゲがチャームポイント。千秋がパリに行っても思いを寄せている。

多賀谷 彩子(たがや さいこ):上原美佐
声楽科に在籍する学内トップ、声質はソプラノ。大手楽器店「多賀谷楽器」の令嬢。高校時代から付き合っていた千秋の元彼女であり、千秋に未練たらたらだが・・・。

大河内 守(おおこうち まもる):遠藤雄弥
「桃ヶ丘音楽大学で2番目に有名」と自称する指揮科のナンバー2。千秋を勝手にライバル視しており、いつも千秋に付きまとう。

佐久 桜(さく さくら):サエコ
管弦学科在籍、Sオケのコントラバス奏者。小柄のためコントラバスを背負って歩くと、コントラバスが歩いているように見える。父が事業に失敗したために生活が苦しく、コンビニでバイトをしていた。

黒木 泰則(くろき やすのり):福士誠治
第6話から登場。古武士の佇まいのあるオーボエ奏者。のだめに一目惚れするが・・・。のだめを「恵ちゃん」と呼ぶ数少ない人物。オーボエの演奏では千秋に一目置かれる実力者。のだめと同じくコンセルヴァトワールに留学した。

菊地 亨(きくち とおる):向井理
第6話から登場。外人娘や人妻まで手を出すモテモテのチェリスト。オーストリア音楽祭で入賞し、ソリストを目指す優秀な学生である。全日本音楽コンクールは見事優勝する。ボストンでも相変わらず。

木村 智仁(きむら ともひと):橋爪遼
第6話から登場。ヴァイオリン奏者。原作と異なり、清良の紹介で桃ヶ丘音大にやって来る。大河内とは高校時代の同級生で、大河内曰く「バイオリンは上手いが、嫌みな性格で、よく虐められた」。経理などR☆Sオケの雑用部分も担当している。

高橋 紀之(たかはし のりゆき):木村了
第10回と最終回に登場。ブッフォン国際コンクール第3位入賞の腕前を持つバイオリ二スト。芸能界デビューの話もあったがそれを断り、R☆Sオーケストラに加入した。

石川 怜奈(いしかわ れな):岩佐真悠子
のだめの友人。ピアノ科在籍。学祭の仮装Sオケではピアニカで参加。

田中 真紀子(たなか まきこ):高瀬友規奈
のだめの友人。ピアノ科在籍。いつものだめに昼食を狙われている。Sオケの定期公演以来、峰のファンになる。学祭の仮装Sオケではピアニカで参加。

玉木 圭司(たまき けいじ):近藤公園
Sオケクラリネット担当。鈴木薫が気になるらしい。橋本と共に千秋を失墜させる行動を目論むが、Sオケ解散の打ち上げでも野望を果たせなかった。後にR☆Sオケに参加。

橋本 洋平(はしもと ようへい):坂本真
Sオケオーボエ担当。千秋がSオケ指揮になった直後、玉木とパートをこっそり入れ替わって千秋を失墜させようとしたものの、あえなく玉砕。後にR☆Sオケに参加。

鈴木 萌(すずき もえ):松岡璃奈子
Sオケ双子美人姉妹のうちのひとりで、フルート担当。卒業後は音楽事務所に就職。

鈴木 薫(すずき かおる):松岡恵望子
Sオケ双子美人姉妹のうちのひとりで、クラリネット担当。卒業後は音楽事務所に就職。

岩井 一志(いわい かずし):山中崇
Sオケコントラバス奏者。はじめは練習不足の佐久桜に厳しくあたっていたが、桜が再び練習に打ち込めるようになってからは和解。

金城 静香(かねしろ しずか):小林きな子
泣き虫なSオケヴィオラ奏者。酔うと暴れる。卒業後は結婚する予定。

井上 由貴(いのうえ ゆき):深田あき
Sオケチェロ奏者。卒業後は実家のパン屋を継ぐ。

金井 建人(かない けんと):小嶌天天
Sオケホルン奏者。卒業後は田舎の旅館を手伝う。

相沢 舞子(あいざわ まいこ):桜井千寿
フルート奏者。

片山 智治(かたやま ともはる):波岡一喜
ホルン奏者。

フランツ・フォン・シュトレーゼマン:竹中直人
「ミルヒー・ホルスタイン(Milch Holstein ホルスタインの牛乳)」という、明らかに胡散臭い偽名を名乗る謎のドイツ人。一見ただのスケベ(エロ)ジジイだが、その正体はヴィエラと人気・実力を二分する大指揮者である。

桃平 美奈子(ももだいら みなこ):秋吉久美子 / 稲葉瑠奈(学生時代)
桃ヶ丘音大理事長。シュトレーゼマンを日本に呼び寄せた。かつて彼と深い関係があったらしいが・・・。

江藤 耕造(えとう こうぞう):豊原功補
千秋の元担当教官。ハリセンを振り回すスパルタ式の厳しい指導をするため、ついたあだ名は「ハリセン」。彼のエリート専門の「江藤塾」からは、優秀な学生を多く輩出している。のだめの才能に気付き、彼女の担当教官を買って出る。

谷岡 肇(たにおか はじめ):西村雅彦
ピアノ科の落ちこぼれ専門教師、通称「オチ専」。のだめの「奇特な音楽センス」と「奇抜な習性」に、みごとに順応している。伸び悩んでる千秋に対しては、のだめとのピアノの共演を勧める。

セヴァスチャーノ・ヴィエラ:ズデニェク・マーカル/SPでの日本語吹き替え:青野武
千秋が敬愛する有名な巨匠指揮者。たまごっちが縁で少年時代の千秋と知り合い、彼を弟子にしてくれた。

峰 龍見(みね たつみ):伊武雅刀
龍太郎の父親。大学の裏で中華料理屋「裏軒」を経営している。Sオケ存続決定時に「Sオケ存続定食」をメニューに加えるなど、息子を溺愛している。

江藤 かおり(えとう かおり):白石美帆
江藤の妻。夫婦仲は良好。ポジティブな性格で、ファッションは派手。

佐久 日出美(さく ひでみ):升毅
輸入家具会社を経営する桜の父。豪邸に住みながら貧窮。高級調度品に差押物品封印票が貼られており、お客にも水道水しか出せない始末。そのくせ隠し部屋に高級ヴァイオリンのコレクションを持っているが、実は楽器は全く弾けない。

三善 征子(みよし せいこ):黒田知永子
千秋の母。離婚後、勤め先の会社で文化事業に参画し、現在は音楽留学生の支援事業を行っている

野田 辰男(のだ たつお):岩松了
のだめの父。最終回に登場。ピアノに関するトラウマのある娘のことを心配している。

野田 洋子(のだ ようこ):宮崎美子
のだめの母。最終回に登場。裁縫が得意で、千秋用の服を強引に作ろうとした。

野田 佳孝(のだ よしたか):別當優輝
のだめの弟。最終回に登場。

野田 喜三郎(のだ きさぶろう):江藤漢斉
のだめの祖父。最終回に登場。

野田 静代(のだ しずよ):大方斐紗子
のだめの祖母。最終回に登場。

佐久間 学(さくま まなぶ):及川光博
「クラシック・ライフ」に、連載コラム「夢色クラシック」を寄稿する気鋭の音楽批評家。興奮すると、振り付きでポエムを朗読する一風変わった奇癖を持つ。

河野 けえ子(かわの けえこ):畑野ひろ子
クラシック専門の月刊誌「クラシック・ライフ」の女性編集者。Sオケでの千秋の指揮を見て以来、彼の才能に注目する。佐久間のポエムを翻訳することができる数少ない人物。

エリーゼ:吉瀬美智子
シュトレーゼマンの敏腕マネージャー。

斉藤(さいとう):NAOTO
第1回、第2回に出演。峰の元バンドの仲間。なおNAOTOは本ドラマのヴァイオリン演奏の指導も担当している。

早川(はやかわ):諏訪雅
指揮科のトップであり、千秋の心の師であるヴィエラに師事するため留学する。小太りで肥満体であるため、千秋に「ハムみたいな奴」「ハムの原材料」と揶揄される。

菅沼 沙也(すがぬま さや):井上佳子
多賀谷彩子のライバルで同じく声楽科のソプラノ。彩子からは「ブー子」呼ばわりされている。

瀬川 悠人(せがわ ゆうと):伊藤隆大 / 小川光樹(幼少時代)
子供時代にのだめと同じピアノ教室に入っていた。高校生でコンクールで優勝し、海外留学した事のあるピアニスト。のだめと同じマラドーナ・ピアノコンクールに出場する。

カイ・ドゥーン:John Heese
元ベルリン・フィルのコンマスで、一流ヴァイオリニスト。清良の師匠。全日本音楽コンクールでの清良の成績を見て、ウィーン留学を勧める。

松本 人志(まつもと ひとし):松本人志(ダウンタウン)
ドラマ中で電撃結婚し、会見を開く。

永岡 真実(ながおか まみ):永岡真実
ドラマ中では、シュトレーゼマンが気に入ったグラビアアイドル役として、写真のみ登場。シュトレーゼマンがドイツに帰国する際、千秋に彼女の写真集を送るよう催促して千秋を呆れさせた。

●スタッフ
原作:二ノ宮知子(講談社刊「Kiss」連載)
脚本:衛藤凛
音楽:服部隆之
音楽監修:茂木大輔
音楽プロデューサー:外村敬一
音楽制作/協力:ソニーミュージックエンタテインメント、フジパシフィック音楽出版
原案協力:福井恭介、中塚康博、藤井喜久(講談社「月刊Kiss」編集部)
撮影協力:学校法人洗足学園、学校法人三室戸学園(東邦音楽大学)、昭和音楽大学、上野学園
編成:立松嗣章
プロデュース:若松央樹、清水一幸
演出:武内英樹、川村泰祐、谷村政樹
制作:フジテレビドラマ制作センター
4話劇中アニメ「プリごろ太 宇宙の友情大冒険」スタッフ
ごろ太:工藤晴香
プリリン:川上とも子
カズオ:芝原チヤコ
リオナ:釘宮理恵
マイケル:大山鎬則
宇宙船:小野涼子
アニメーション監督・脚本・絵コンテ:カサヰケンイチ
演出・作画監督:音地正行
アニメーション制作:GENCO、J.C.STAFF
映像提供:のだめカンタービレ アニメ制作委員会

●●音楽

●主題曲
ベートーヴェン「交響曲第7番」
ジョージ・ガーシュウィン(原編曲:グローフェ、編曲:服部隆之)「ラプソディ・イン・ブルー」

●BGM
「交響曲4番『イタリア』」(メンデルスゾーン)
「魔笛」よりアリア「復讐の炎は我が心に燃え」(モーツァルト)
「魔笛」よりアリア「恋か女房があれば」(モーツァルト)
「ドン・ジョヴァンニ」より「お前が食事に招いたので―地獄行き」(モーツァルト)
「ロメオとジュリエット」より「モンタギュー家とキャピュレット家」 (プロコフィエフ)
「レクイエム」より「怒りの日」(ヴェルディ)
「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」冒頭部(リヒャルト・シュトラウス)
「熊蜂の飛行」(リムスキー=コルサコフ)
「フィガロの結婚」序曲(モーツァルト)
「くるみ割り人形」より「こんぺい糖の踊り」、「ロシアの踊り(トレパーク)」(チャイコフスキー)
「弦楽セレナーデ」(チャイコフスキー)
「ガイーヌ」より「剣の舞」(ハチャトゥリアン)
「アルルの女」より「ファランドール」(ビゼー)
「アルルの女」より「メヌエット」(ビゼー)
組曲「動物の謝肉祭」より「水族館」(サン=サーンス)
「交響曲第9番『新世界より』」第2楽章(ドヴォルザーク)
「ヴァイオリン協奏曲第1番」第1楽章(モーツァルト)
「愛の悲しみ」(クライスラー)
「美しきロスマリン」(クライスラー)
歌劇「タンホイザー」序曲(ワーグナー)
「交響曲3番」第3楽章(ブラームス)
「交響曲1番『巨人』」第4楽章(マーラー)
「ラデツキー行進曲」(ヨハン・シュトラウス1世)
歌劇「リゴレット」より「女心の歌」(ヴェルディ)
「四季」より「春」から第1楽章(ヴィヴァルディ)
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲(ワーグナー)
「管弦楽組曲第2番」より「バディネリ」(バッハ)
「白鳥の湖」より「情景」(チャイコフスキー)
「ピアノ協奏曲第5番『皇帝』」(ベートーヴェン)
「交響曲第40番」から第1楽章(モーツァルト)
「ハーリ・ヤーノシュ」より「ウィーンの音楽時計」(コダーイ)
交響詩「フィンランディア」の冒頭(シベリウス)
組曲「カレリア」より「行進曲風に」(シベリウス)
喜歌劇「天国と地獄」序曲(オッフェンバック)
ポルカ「雷鳴と稲妻」(ヨハン・シュトラウス2世)
「幻想即興曲」(ショパン)
オラトリオ「ソロモン」より「シバの女王の入城」(ヘンデル)
「別れの曲」(ショパン)
組曲「惑星」より「木星」(ホルスト)
「小フーガ ト短調」(バッハ)
「ヴォカリーズ」(ラフマニノフ)
「スラブ舞曲集」第2集作品72から第2番(ドヴォルザーク)
「ピカデリー」(エリック・サティ)
「交響曲第25番」から第1楽章(モーツァルト)
「交響曲第2番」から第3楽章(ラフマニノフ)
「アランフエス協奏曲」から第2楽章(ロドリーゴ)
「ハンガリー舞曲」第5番(ブラームス)
「ペレアスとメリザンド」より「シシリエンヌ」(フォーレ)
「展覧会の絵」より「バーバ・ヤーガの小屋」(ムソルグスキー作曲、ラヴェル編曲)
「ボレロ」(ラヴェル)
「弦楽のためのアダージョ」(バーバー)
「マタイ受難曲」から「われら涙流しつつひざまずき」(バッハ)
「トッカータとフーガ ニ短調」(バッハ)
「四季」より「夏」から第3楽章(ヴィヴァルディ)
「愛の喜び」(クライスラー)
交響詩「禿山の一夜」(ムソルグスキー作曲、リムスキー=コルサコフ編曲)
「リュートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲からイタリアーナ(レスピーギ)
「G線上のアリア」(バッハ)
「チェコ組曲」よりポルカ(ドヴォルザーク)
「ワルツ第15番」(ブラームス)

●劇中で演奏された曲の一例
ベートーヴェン「ピアノソナタ8番『悲愴』」
ベートーヴェン「交響曲第7番」(通称:べト・シチ)
ベートーヴェン「交響曲第9番」
ベートーヴェン「ヴァイオリンソナタ第5番『春』」
モンティ「チャルダッシュ」
ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲2番」
メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」(通称:メン・コン)
ブラームス「交響曲第1番」(通称:ブラ・イチ)
モーツァルト「オーボエ協奏曲」
シューベルト「ピアノソナタ第16番」
ショパン「12の練習曲」Op. 10 第4番
ドビュッシー「喜びの島」
シューマン「ピアノソナタ第2番」
ストラヴィンスキー「ペトルーシュカからの3楽章」より第1楽章および第3楽章(NHK「きょうの料理」のテーマ曲(冨田勲作曲)入り)
ブラームス「パガニーニの主題による変奏曲」
サラサーテ「カルメン幻想曲」

記事に掲載している動画のリンクは更新日当時に公開されていたものであり、古いものや動画サイトの問題などで削除されている場合が多数あります。リンク切れを見つけましたら、お手数ですがmail toください。

その他のドラマ・テレビ番組情報は
テレビドラマRankingるんるん


ブックマークに追加する


| Comment(1) | TrackBack(0) | '06-10月ドラマ-視聴率 動画
この記事へのコメント
グラビアアイドル・女優として活躍する永岡真実が芸能活動を休止することが分かった。
年齢的にもまだまだこれからだというのに残念ですね。

ドラマ「のだめカンタービレ」では、そのまま“グラビアアイドル・永岡真実”役として登場したこともある彼女。
入浴シーンもあり話題になりましたが、まさかこんな裏 動画が存在するとは・・・


http://ngokmmfc.blogspot.com/
Posted by 谷間丸見えのFカップ・永岡真実が芸能活動を休止へ at 2010年03月09日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。