<% article.createstamp | date_format("%Y 年%m 月%d 日") %>

コード・ブルー(完)

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-



2008年7月3日〜9月11日
毎週木曜日22:00〜22:54 フジテレビ系列で放送
(初回&最終回は15分拡大の22:00〜23:09に放送)

●放送日・視聴率・サブタイトル・動画

第1話 2008年7月3日 21.2%
「決断」
P D1/4 D2/4 D3/4 D4/4 Vf V1/3 V2/3 V3/3

第2話 2008年7月10日 16.0%
「責務」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第3話 2008年7月17日 16.0%
「急変」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第4話 2008年7月24日 13.2%
「母の愛」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第5話 2008年7月31日 15.7%
「過去」
P D1/3 D2/3 D3/3 D6予 Vf V1/2 V2/2

第6話 2008年8月7日 15.6%
「無償の愛」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第7話 2008年8月14日 10.8%
「告白」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第8話 2008年8月21日 13.4%
「避けられぬ決断」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第9話 2008年8月28日 15.8%
「壊れた絆」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第10話 2008年9月4日 14.9%
「揺れる心」
P D1/3 D2/3 D3/3 Vf V1/2 V2/2

第11話(最終話) 2008年9月11日 19.5%
「生と死」
P D1/4 D2/4 D3/4 D4/4 Vf V1/2 V2/2

平均視聴率15.6%


著者: 林宏司 /沢村光彦  2008年9月12日発売


●音楽
主題歌:Mr.Children 【HANABI】 2008/9/3発売

サウンドトラック:「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(TOY'S FACTORY)2008年9月3日発売
☆翔陽大学附属北部病院救命救急センター
今回、フェロードクターが配属された救命救急センター。

藍沢耕作 - 山下智久   
フライトドクター候補生≪フェロードクター≫
若いが経験を多く積んでいる。自分の腕を磨くことに貪欲な野心家


白石恵 - 新垣結衣    
フライトドクター候補生≪フェロードクター≫
「ドクターヘリの技術を故郷に持ち帰る」ためにやって来た。
父は有名医大の教授である。


緋山美帆子 - 戸田恵梨香 
フライトドクター候補生≪フェロードクター≫
積極的で負けず嫌いなお嬢様。藍沢や恵に強いライバル心を燃やしている。


藤川一男 - 浅利陽介
フライトドクター候補生≪フェロードクター≫
お調子者で明るい性格。


冴島はるか - 比嘉愛未
救命センターの看護師。最年少のフライトナースだが、かなりの腕を持つ。

田所良昭 - 児玉清〈特別出演〉
救命センター部長。専門は内科だが外科的なオペも一通りこなす。フライトドクターの導入に積極的で、フェロードクター達を応援している。

轟木聖子 - 遊井亮子
救命救急センター内のCS(コミュニケーションスペシャリスト)室で、ドクターヘリにランデブーポイントなどの指示を行う。

森本忠士 - 勝村政信
フライトドクター・整形外科専門。フェロードクターにも快活に接する。轟木に気がある。

三井環奈 - りょう
フライトドクター・産婦人科と新生児医療専門。沈着冷静で合理主義だが、情熱家の一面もある。フェロードクターの成長に期待しているが・・・。

黒田脩二 - 柳葉敏郎 
フライトドクター・胸腹部外科専門。才能・経験ともに優れた救急センターのエース。田所部長の命令でフェロードクターの指導を行うことになる

大原澄子 - 池田貴美子
看護師長

村田香織 - 金田美香
看護師

春日部 - 田窪一世
事務長。三井の訴訟の件に関しては徹底抗戦を主張。

相馬 - 隈部洋平
翔北病院の顧問弁護士。三井の訴訟に対しては、三井に徹底抗戦するよう促す。 v

☆翔陽大学附属北部病院脳外科

西条章 - 杉本哲太
脳外科部長。「救命は人使いが荒い」と愚痴をこぼすが、数多くのオペをこなす。

☆航空会社

梶寿志 - 寺島進
ドクターヘリのパイロット。17歳年下の妻がいて、かわいい愛妻弁当を持参している。

安西康行 - 樋渡真司

☆患者など

栗山美樹 - 川島海荷(第1回)
若年性糖尿病により入院中で右腕を切断しなければならない状態になっていた。担当は藤川。

小村 - 國本鍾建(第2回)
落下物によって怪我を負った、閉所恐怖症の男性。なぜかブラジャーを身に着けていたため、診察を拒否。担当は藤川。

西口八重 - 二宮弘子(第2回)
歯痛で救急外来で藍沢の診察を受けた老女。歯痛の原因が心疾患であったことを見落とされてしまい、後で倒れる。

横田英子 - 黒瀬友美(第2回)
鼻骨骨折で診察を受ける。当初恋人からのDV(ドメスティック・バイオレンス)だと考えられていたが、実は醜形恐怖症(自分の顔は醜いから、誰にも会えない・・・、会いたくない・・・」と訴えるという症状)が原因の行動という事が明らかになる。担当は白石。

大野正 - 福井博章(第2回)
英子の恋人だが、ある事情で英子の鼻を殴ってしまう。

平良千春(第2回)
少年(阿久津賀紀)が乗る自転車で子宮壁を強打した妊娠39週目の妊婦。

本山由希子 - 円城寺あや(第3回)
階段から転落。2年前に息子の直也を亡くしている。担当は白石。

本山邦夫 - 佐藤旭(第3回)
由希子の夫。

若杉貴子 - 鳥居かほり(第3回)
弁護士。卵巣嚢腫茎捻転。担当は緋山。入院中に仕事をするなどして緋山の手を焼かせている。

島田洋二 - 春海四方(第3回)
泥酔状態で階段から転落。

小倉友基 - 三浦アキフミ(第3回)
薬物を利用して55階から転落。横柄な態度で騒ぎまくる。担当は藍沢。

雪村南 - 高山紗希(第3回)
急性虫垂炎。小野寺からストーカー行為を受けている。

小野寺 - やべけんじ(第3回)
南にストーカー行為をする。自ら胸を刺して搬送される。

藤川静子 - 山本道子(第4回)
藤川の母親。藤川のことが気になり、そっと様子を見に来た。

宮本茂 - 井田國彦(第4回)
原因不明の症状で搬送されるが、後にミュンヒハウゼン症候群による自傷行為でることが判明。藤川が心を開かせた。担当は白石。

飯田敏夫 - 金井勇太(第4回)
川に飛び込んだときに川底に頭部を打ち、頚髄を損傷。担当は緋山。

藍沢絹江 - 島かおり(第5回〜第8回、第10回)
藍沢の祖母。両親のいない藍沢を一人で育ててきた。骨折で入院した時には認知症も患っていた。

横山 - 山崎裕太(第5回)
爆発事故の際に鉄筋が腹部に刺さった、工場解体現場の作業員。

真壁清 - 阿南健治(第5回、第7回、第8回)
以前に三井が死なせてしまった妊婦の夫で三井を告訴した張本人。

田沢俊子 - 大塚良重(第5回、第7回)
田沢悟史の母親。

松原俊夫 - 田口主将(第5回、第6回)
脳腫瘍と脳ヘルニアを併発し倒れた老人の息子。老人の年金が目当てで延命手術を希望する。

真壁朋子 - 春木みさよ(第5回、第7回)
真壁清の妻。

小田浩一 - 大高洋夫(第6回)
結婚に反対したことが原因で娘の有美(伊藤麻里也)が屋根から突き落とした。後でガンが発覚する。担当は緋山。

上村秀雄 - 北見敏之(第6回)
原因不明の症状で搬送されるが、息子の久志(熊谷知博)が黒魔術を使って呪いをかけたと告白し始める・・・。担当は藤川。

田沢悟史 - 平山広行(第7回)
冴島の彼氏。ALSを患っており、あと5年しか生きられない。半年前に自殺未遂を起こしている。

大山恒夫 - 古本新乃輔(第7回)
腸閉塞のために入院したニューハーフ。自らを”メリージェーン洋子”と名乗る。担当は白石。

福島達夫 - 平賀雅臣(第8回)
夏祭りの山車の下敷きになり負傷する。同じく事故に巻き込まれて負傷した一家全員で翔北病院に搬送されてくる。

福島重蔵 - 織本順吉(第8回)
達夫の父。心電図をいじったり、ベッドを勝手に抜け出してヘリの操縦席に乗ったりと藍沢たちを困らせる。

福島清美 - 宮地雅子(第8回)
達夫の妻。達夫が無事だと知った途端に、部屋を変えてほしいと騒ぎ出す。

福島結菜 - 大作空(第8回)
福島夫妻の9歳になる娘。ませた性格で、藍沢に興味津々。

北村有里子 - 奥貫薫(第3回[声のみの出演]、第9回、第10回)
黒田の元妻で、10年前に離婚している。離婚後はアメリカで暮らしていたが、一時帰国したときに息子が事故に遭う。

北村健一 - 今井悠貴(第9回、第10回)
黒田と有里子の息子。二人の離婚後は有里子に引き取られるが、それ以来一度も黒田と顔を合わせていない。アメリカから一時帰国したときに、脳腫瘍が原因で一時的な意識混濁を起こして、空港のエスカレーターから転落する。

神田美和子 - 海島雪(第10回)
妊娠36週目の妊婦。本棚の下敷きになり骨盤を骨折する。胎児仮死が進行していたので藍沢たちは母体を優先することに決める。夫の昭夫(佐野賢一)もそれを同意するが・・・。

第11回(最終話)

澤野明夫(さわの あきお) - 遠山俊也
トンネル内に残されたケガ人。

澤野良江(さわの よしえ) - 山下容莉枝
明夫の妻。

澤野明(さわの あきら) - 高木涼生
澤野夫婦の息子。

小西(こにし) - 肘井美佳
トンネル内に残されたケガ人。

谷口(たにぐち) - 大橋智和
小西の恋人。


●書籍

ノベライズ:「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(扶桑社・ISBN 978-4594057541)2008年9月12日発売

●スタッフ
脚本:林宏司
音楽:佐藤直紀
技術プロデュース:瀬戸井正俊
美術プロデュース:柴田慎一郎
タイトルバック:富士川祐輔
撮影協力:日本医科大学千葉北総病院、佐倉市八街市酒々井町消防組合
医療監修:益子邦洋、松本 尚、原 義明(日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター)
医療指導:日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター、新村 核(森山記念病院 脳神経外科)
消防監修:佐倉市八街市酒々井町消防組合
演出補:関野宗記、石井祐介
プロデュース補:西田久美子
プロデュース:増本淳
演出:西浦正記(FCC)、葉山浩樹
制作:フジテレビドラマ制作センター
技術協力:朝日航洋、ナックイメージテクノロジー、ビデオスタッフ、エスブイエス、バスク、共同エディット



記事に掲載している動画のリンクは更新日当時に公開されていたものであり、古いものや動画サイトの問題などで削除されている場合が多数あります。リンク切れを見つけましたら、お手数ですがmail toください。

その他のドラマ・テレビ番組情報は
テレビドラマRankingるんるん


ブックマークに追加する


| Comment(0) | TrackBack(0) | '08-7月ドラマ-視聴率 動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。